安河内歯科医院

新宮町の歯科、矯正歯科、安河内歯科医院

092-962-0540
〒811-0112 福岡県糟屋郡新宮町下府5-11-3

安河内歯科医院ブログ

 

治療中の患者様は、
下記にてご予約日時の
確認ができます!

治療中患者様
予約確認用アドレス

パソコン
https://plus.dentamap.jp/apl/netuser/login.html?id=2620

診療予約
治療中患者様用
QRコード

 

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。

医師のご紹介

院長紹介


 ▪️ 院長:安河内 康史(やすこうち こうじ)

 ▪️ 昭和47年4月1日生まれ(O型)


 ▪️ 九州大学歯学部卒業

 ▪️ 所属学会など
    ・ 日本口腔外科学会
    ・ 日本歯周病学会

    ・ 経基臨塾
    ・ 日本歯科医師会
    ・ 福岡県歯科医師会
    ・ 糟屋歯科医師会

 ▪️ スタディグループ : PABC所属
 
院長 安河内 康史

▪️略 歴

昭和47年 新宮町にて出生
~新宮小学校卒業後、
~中学学校は、長崎の青雲中学校で寮生活!
平成2年 青雲高校 卒業
九州大学歯学部 入学
平成8年 九州大学歯学部 卒業 九州大学第二口腔外科 入局
平成11年 かわさき歯科口腔外科 勤務
平成13年 安河内歯科医院 勤務
平成22年 安河内歯科医院・院長就任

さらに詳しくは、『安河内歯科医院の歴史』の『三代目・院長ヒストリー』で!

 

ある患者さんに…

下川公一臨床セミナー 【下川公一臨床セミナー】

「先生は、その、技術の方は大丈夫なの?」と言われたことがありました。
そうですよね、何かないとわからないですよね。
わかりやすくお伝えできるのは、過去に習得した技術の修了証、これまでの症例、現在の所属学会くらいかと思いますので、主なものから下記に掲示させて頂きます(毎年更新させて頂きます)。
 


▪️ 修了証  
  • 【下川公一臨床セミナー】
  • 【阿部晴彦総義歯セミナー】
  • 【船越臨床歯周病セミナー】
  • 【straumannインプラント】
  • 【京セラ(現JMM)インプラント】
 
   
阿部晴彦総義歯セミナー 【阿部晴彦総義歯セミナー】
阿部晴彦総義歯セミナー 阿部晴彦総義歯セミナー
船越臨床歯周病セミナー 【船越臨床歯周病セミナー】
【straumannインプラント】 straumannインプラント


 

こんなことを考えて日々の診療を行っています

  歯医者が歯の治療をキチンとするのは当然です。

  常にもっと高いレベルの治療を追求します。これも当然かと思います。

 

  安河内歯科医院では、歯だけでなく、「口腔」の機能と全身の関係も重要視しています。

 

例えば、「こども」の治療です。

 

 まだ「成長期」にあるこどもの口腔機能を正常にすることで、将来のさまざまな病気の予防につながるのでは、と考えています。

 

具体的には、ぽかんと口を開けたままの子。これは性格ではありません

  • 口呼吸の改善。
  • 舌の位置の適正化。
  • 口腔周囲筋を鍛えること。

もちろん、耳鼻科の通院も必要のこともあるでしょう。しかし、こういったことをこどものときに改善しておくことは、

歯並びの改善だけでなく、さまざまな疾患の予防にもなるのです(詳しくは別ページにて)。

 

 

また、歯周病などに代表される「慢性炎症」の治療です。

 

 この「慢性炎症」の治療が、自己免疫疾患などの難病治療やウイルス感染症の治療につながるのではとも考えています(じつはまだ原因不明の病気にウイルス感染症の可能性もあると考えます)。

 

すでに、歯周病と糖尿病や心筋梗塞・脳梗塞の関連はかなり浸透してきたのではないかと思います。

それだけでなく、現在すでに関節リウマチや腎臓疾患、精神疾患の関連は明らかになってきているのです。

 

長い期間(慢性に)歯周病や根尖病変(歯の根が化膿しているもの)などの炎症(しかも感染症)が全身に及ぼす影響は決してばかにできないのです。

 

インフルエンザの予防が「R-1ヨーグルト」などで実際に進んでいますが、これが大きなカギの1つでしょう。

寝たきり介護の方が口腔ケアで歩けるようになってきた話もまゆつばではないのです。

 

もちろん、口の中の治療ですべての病気が治るなんてことはありえません。

しかし、原因の1つ、影響のあるものの1つとして、もっと皆様に関心を持っていただければと思います。

 

こどもの未来をつくるのは大人です。その大人の現在・未来にはからだのケアは必須ではないでしょうか!!

 

 

こんなことを考え、日々の治療に取り組んでいます。